2019.7紫陽花

2019.7紫陽花

2019.07.01

広報委員会 大山 稚子

だんだん夏らしくなってきました。
中島川周辺には紫陽花が色鮮やかに咲いています。
紫陽花は土のpHで色が変わるらしく、同じ株でも土壌が変われば花の色も変わるとのこと。
酸性だと青、アルカリ性だと赤であり、よく実験で使用していたリトマス試験紙とは逆。
酸性では土壌中のアルミニウムがイオン化することによって花に吸収され、花のアントシアニンと結合し、青色を呈する化学反応だということです。
土壌を調整して好みの色に変化させるとまた家庭用としても楽しめそうですね。

ページのトップへ戻る